地域包括支援センター 用語解説

地域包括支援センターとは

 

市町村が設置しています。
元々あった在宅介護支援センターを充実させたものと言うことができます。

 

中には、地域包括支援センターを市町村が直営で設置して、サブセンターを従来の
在宅介護支援センターに委託しているような市町村もあります。

 

誰が利用できる?

 

介護保険の要支援の方と非該当とされた方々が利用できるものです。
(65歳以上の方が対象)

 

要介護の方は居宅介護支援事業所のケアマネさんを利用し
一般的には地域包括支援センターを使用できません。

 

どんなサービスを受けられる?

 

介護保険で要支援になったけど、介護保険のサービスを利用したいという場合は、
地域包括支援センターで予防のケアプランを作ってもらい、それに基づいてサービスを調整してもらえます。

 

また、要支援・要介護にならないための介護予防支援事業を実施している場合もありますから、
直接介護予防のサービスを受けられる場合もあります。

 

構成員は、社会福祉士と保健師、そして主任介護支援専門員(ケアマネ)です。
要支援の場合のケアプランは地域包括支援センターのケアマネが立てます。

 

また、要支援の方と要支援になる前のハイリスクグループ(二次予防対象者)を
継続的にお世話します。

 

これまで保険給付外で行われていた地域支援事業のサービス(介護予防事業や
生活支援(配食・見守り等サービス)、権利擁護や、社会参加)提供します。

 

これは各市町村によってメニューが違いますので、
地元の地域包括支援センターにお問い合わせください。

 

 

有料老人ホーム・介護施設情報 全国23,000件以上!

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅

特別養護老人ホーム、その他の介護施設等を無料で検索できてとっても便利。

 無料で全国23,000件以上の老人ホームを検索してみる!

※無料資料請求の方法はコチラを参考にしてください。

 

地域包括支援センターとは関連ページ

住所地特例とは
胃ろうとは
特養の特例入所とは
特養の相互利用