高齢者専用賃貸住宅 廃止

高齢者専用賃貸住宅(高専賃)の廃止

高齢者住まい法改訂により、「高齢者円滑入居賃貸住宅」、「高齢者専用賃貸住宅」、「適合高齢者専用賃貸住宅」は廃止となりました。
平成23年10月20日から施行され、新たに登録する場合は「サービス付き高齢者向け住宅」という名称になります。

 

既に「高齢賃」の名称で登録している場合、引き続きその名称を使用することもできますが、新たに「サービス付き高齢者向け住宅」と名称を変更の申請も可能です。

 

既に高齢賃を利用している方はどうなる?

 

経過措置として、現在入居されている高齢者の方は
契約が満了するまでの間、継続して本制度を適用することができます。

 

有料老人ホーム・介護施設情報 全国23,000件以上!

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅

特別養護老人ホーム、その他の介護施設等を無料で検索できてとっても便利。

 無料で全国23,000件以上の老人ホームを検索してみる!

※無料資料請求の方法はコチラを参考にしてください。